『電子くずし字字典データベース』『木簡画像データベース・木簡字典』連携検索へようこそ


  2009年10月より、東京大学史料編纂所と奈良文化財研究所は、文字を読み解くツールとしてそれぞれ開発した上記2つのデータベースについて、相互に連携検索サービスを開始しました。所属を異にする両研究所が、初めて取り組む共同事業となります。幅広くご活用いただけますようお願いいたします。
  両データベースが連携することを通じて、東大史料編纂所が集める古文書・古記録の字形・字体と、奈良文化財研究所が蓄積する木簡の字形・字体を、一度に探すことが可能となりました。飛鳥・奈良時代から江戸時代に至るまでの1000年を越える、文字の変遷を御覧いただければ幸いです。
連携検索画面へ
連携検索とは >>>

※当サイトは以下のブラウザで正しく閲覧できることを確認しています。
Windows : InternetExplorer 6、7、8